塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 外壁にひび割れが発生!放置する危険性や補修方法について解説します!

外壁にひび割れが発生!放置する危険性や補修方法について解説します!

塗装の豆知識 2022.10.13 (Thu) 更新

北九州市・中間市・遠賀郡エリアの皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装の塗り替えYUUKING(塗り替えゆうきんぐ)です!

北九州市・中間市・遠賀郡を中心として、お家を長持ちさせる品質が高い外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修工事を提供致します!

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

外壁塗装 遠賀郡

皆様、今日も一日お疲れ様です。

北九州市・若松区・八幡西区・遠賀郡・中間市

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店塗り替えYUUKINGの那須です。

 

外壁は、経年劣化や地震など、様々な原因によってひび割れが発生することがあります。
そして、このひび割れを放置するとリスクも大きいので、適切に補修する必要があります。
今回の記事では、外壁のひび割れを放置する危険性や補修方法について解説します。

□外壁のひび割れによるリスクについて

外壁にできたひび割れを放置すると、様々なリスクがあります。
以下では、ひび割れによるリスクを4つご紹介します。

1つ目は、雨漏りにつながることです。
ひび割れが起きた箇所から雨水が入り込み、時間の経過とともに室内の雨漏りにつながることがあります。
木材が腐る原因にもなるので、雨漏りが発生した際には注意が必要です。

2つ目は、建物の耐久性が落ちることです。
ひび割れを火打して劣化が進行すると、サイディングやモルタルなどの下地が腐食し、外壁材を取り替える必要が出てくる恐れがあります。
さらに、ひび割れ箇所から侵入した雨水が外壁の内部にまで浸透し、さらなる被害が発生することもあります。
その結果として、建物自体の耐久性が落ちてしまうのです。

3つ目は、人体への悪影響です。
雨水の侵入は雨漏りだけでなく、湿気によってカビが発生しやすい環境になるといったリスクもあります。
カビの発生は、人体に悪い影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

4つ目は、美観性が損なうことです。
ひび割れがあると、見た目的にも良くないので、みすぼらしいイメージにもなり、家の美観性を損ねる原因となります。

□外壁塗装のひび割れの補修方法について

外壁の劣化具合によっても、ベストな補修方法は異なります。
以下では、状況別にひび割れの補修方法をご紹介します。

*幅0.3mm未満

幅0.3mm未満のひび割れ(ヘアークラック)は、浅いひび割れなのでそこまで深刻な状況ではありません。
しかし、年月ともに大きなひび割れとなる可能性もあるので、早めに対処する必要があります。
ヘアークラックが見られる場合、外壁塗装の塗り替え時期の目安とも言われるので、早々に補修するのがベストでしょう。

*幅0.3mm以上

ひび割れが深く、そして大きくなっていくと、ご紹介したような様々なリスクがあるので、早急に補修を行いましょう。
雨水の侵入やカビ・シロアリの発生など、住まいの寿命を縮める原因となります。
ヘアークラックのように塗装で補修できるわけではないので、同じ補修方法ではないことを押さえておきましょう。

□まとめ

今回は、外壁のひび割れを放置する危険性や補修方法について解説しました。
ひび割れの状況を適切に判断できない場合は、信頼できる塗装会社にご相談ください。
当社は、累計2000を超える施工実績から、長持ちさせる塗装を提案いたします。
塗装をお考えの際は、ぜひ当社までご相談ください。

 

皆様に笑顔を!

地域密着塗り替えゆうきんぐ

診断・相談・見積りは全て無料になっております。

お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

◎塗り替えYUUKINGの外壁塗装、屋根塗装の施工事例一覧はこちら

外壁塗装・屋根塗装が含まれる工事一覧

外壁塗装のみの工事一覧

屋根塗装のみの工事一覧

塗り替えYUUKING(塗り替えゆうきんぐ)外壁塗装・屋根塗装&雨漏り補修専門店です。
北九州市・中間市・遠賀郡地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

他社にはない『確かな技術力』でお客様のお住まいをお守り致します。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

❐塗り替えYUUKING(塗り替えゆうきんぐ)の商品をご覧ください!

外壁塗装商品

❐塗り替えYUUKING(塗り替えゆうきんぐ)には選ばれる理由があります!

選ばれる理由